スタッフブログ

「若者へのエール」や「仕事に対する思い」など、ジョブカフェスタッフが日々感じていることを綴ったブログです。

心残りな合説

平成26年3月13日 更新

 
 みやぎジョブカフェでは、合同企業説明会(合説)を開催しています。

 今年度は、1回の適性試験で複数の企業の採用募集に応募できる「合同適性試験&合同企業説明会」、「営業・販売」など業種・職種を限定して開催した「業種別企業説明会」を行いました。どちらも予想を上回る多くの方々に参加していただけて、嬉しい限りです。
              
 合説当日、リクルートスーツを着て、緊張した面持ちでプログラムを食い入るように見ている皆さんを拝見していると、昔の自分を思い出してしまいます。

 私は今、合説を開催する側ですが、十数年前には合説に参加する側でした。
「就職氷河期」という言葉が新語・流行語大賞にノミネートされてから「超氷河期」と言われる時代の間のことです。
              
 今では「事務」でも仕事内容はいろいろある事や、事務以外の職種もそれぞれ魅力のあるお仕事であることは分かります。しかし、たいしたアルバイト経験があるわけでもなかった私は「仕事とは」なんて考えたこともなく、周囲の「何としても事務」「事務以外考えられない」という雰囲気に流されまくり、自己分析も業界研究にも手をつけないまま、仙台サンプラザで開催された合説に参加しました。
 
 合説がどういうところで何をすれば良いかなど、まーったく知らず、プログラムに掲載された企業情報を見て、知っている企業が事務を募集していればそこに行き、なければ帰ってしまう就活生でした。
 そんな状態で行なった就職活動ですから、当然うまくいくはずがありません。その後、何とか就職することはできたものの、それまでに様々な失敗・失態を繰り返すことになりますが、それはまた別のお話しです。

 合説に参加した事がない方、合説は苦手と思っている方。様々な企業の採用担当者と直接お話しすることができるのは、就職活動中にしかできないことです(就職支援を仕事にする以外では)。
 今思えば、いろんな業種・職種のお話を聞いておけば就職してからも活かせる事があったのでは、と悔いが残ります。

 また、企業ブースに行った際のマナーがわからない、合説の参加の仕方がわからない…そんな不安がある方は、ジョブカフェのカウンセラーにご相談いただいたり、合説のスタッフに気軽に声をかけてみてください。

 みやぎジョブカフェでは来年度も、合同企業説明会を開催したいと思います。
 いつ、どんな形で開催されるか、ホームページをチェックしてくださいね。


Copyright (C) job cafe All right reserved.